堺まつりふとん太鼓連合保存会-大阪府堺市


堺における練物の歴史は古く、元禄年間よりと推定されています。
旧堺市の祭礼について考える時、忘れてならないのは、住吉大社の祭礼との関連です。諸説あるが約1300年前に、書かれたとされる「住吉大社神代記」で、住吉大社祭事で重要な祭事とされる「南祭」すなわち六月御祓(みなつきのみはらえ)は、開口水門姫神社(あぐちのみなとひめじんじゃ)に行宮、飯匙掘(いいかいぼり)にて斎行される事が記述されています。 開口水門神社とは、宿院住吉御旅所とその奥の院と称される開口神社の事であり、古来より大変大きな祭事でした。 元禄十四年、岡田渓志著『摂陽群談』に「六月晦日の夏祓は、摂泉大阪堺の町中、並に在々所々により陸には、練物を出し思々に装え・・・」という記述がみられます。 (注)練物とは、地車、屋台、太鼓台、鉾などをあらわす。戦後、旧堺市の街並が大部分大きく変わり、東西にフェニックス通り(国津26号線)が貫かれていますが、戦前までは、 勿論このような大きな道路は無く、阪堺線宿院電停より東をのぞめば、大燈楼と鳥居、その向こうには、住吉、大鳥両大社頓宮が見えてました。 その所で斎行される夏越大祓(俗にお祓いと言う)は、旧堺市で最も賑やかな祭礼であったと言われています。 堺市甲斐町出身の女流歌人、与謝野晶子の自伝「私の生ひたち」の文中でも、彼女が最も楽しみにしていた、年に一度の大きな祭礼として記されてあり、旧堺市は、大変な賑やかさであったとされています。 今日の堺市の祭礼は、八朔祭をはじめ、主に秋祭りとなっており、その際に、太鼓台等の練物が運行されているのですが、明治期迄は、そうでなく、夏祭りが中心でした。 堺の練物の起源について、よく語られる事は、「鉾から地車、地車から太鼓台に変わっていった」ですが、果たしてそうであろうか。


堺では明治時代まではだんじりが一般であった。(ほかにも船地車が曳行されていた)しかし、明治29年の旧暦八月一日のことである堺市中之町西の紀州街道(地車が1台通れるほどの細い道であった)において、湊組の船地車と北の鍛治屋町地車が鉢合わせとなり、お互い道を譲らず争論となり、あげくの果てには周辺民家の瓦を剥がし瓦合戦になってしまい、湊組が突きかかり2名の殺傷者を出してしまった。 堺警察の警官が数十名駆けつけ双方の数十名を捕縛した。この事件は「堺の地車騒動」といわれている。この事件より祭礼には地車は一切曳行してはいけなくなった。後に日本は日露戦争に勝利しそれを祝し、翌年明治39年練物曳行は許可された。 その翌年に菅原神社の北開仲、北浜、並松町 船待神社の西湊が地車に代わり"ふとん太鼓"を新調しそれぞれの神社に奉納した。この年より4.5年の間に開口、菅原、方違、船待神社の氏子仲が次々にふとん太鼓を新調したのである。 特に一番多くのふとん太鼓が奉納されたのは"菅原神社"である、多いときでは十四台にも及んだしかし昭和16年第二次世界大戦が勃発。しかし、昭和19年までふとん太鼓が担がれ奉納されていた。昭和20年に堺も大空襲に合い、ほとんどのふとん太鼓が焼失してしまった。 その後も処分や売却などがあり現在では、開口神社4台 菅原神社2台 方違神社1台(ほかの神社は戦前と変わらず)となってしまった。


ふとん太鼓の五枚の座布団は神様が座るところといわれている。


出典:「堺まつりふとん太鼓連合保存会 三十周年記念誌」「堺の太鼓台」


この担ぎ歌を歌っている道中の太鼓の打ち方は二拍、三拍、三拍を繰り返すのですが、最初の二拍はかけ声の部分で、次にくる三拍のうち第一拍から歌が始まります。 現在多くのところは第三泊から歌い出しになっています。芦原濱などは以前第一拍からの歌い出しでしたが近年変更され、第三拍にされたようです。


出典:「堺の太鼓」