西湊太鼓会-堺まつりふとん太鼓連合保存会-大阪府堺市

  • 新 調 平成十六年
    型 式 堺型
    請 負 梶内だんじり株式会社 梶内純治
    大 工 佃明
    刺 繍 梶内純治
    彫刻師 狭間彫刻 / 開正藤(修復 松本幸規)
    木鼻彫刻 / 玉井行陽(修復 松本幸規)
    その他彫刻 松本幸規(虹梁、胴綱受、勾欄合、縁葛、土呂幕、持送り)
    材 質 本体 / 本黒檀
    屋根 / 欅
    彫刻 / 欅(狭間、虹梁、勾欄合、縁葛、土呂幕、持送り)
    黒檀(木鼻、胴綱受、イセコミ)
    花梨(筬欄間)



西湊ふとん太鼓は堺型太鼓台で、通し柱とふとん台下の小屋根が堺型太鼓台の一大特徴です。
現在の太鼓台は平成16年に新調で、先代の太鼓台は明治30年後半頃の新調でしたが、各部の老朽化のため先代太鼓台の雰囲気と特徴を残した堺型太鼓台を新調しました。